Explanation of terms

用語解説

ビットコインの基礎用語

暗号通貨(Cryptocurrency)

暗号通貨(Cryptocurrency)とは、セキュリティ対策として暗号技術が使われている通貨の総称です。 仮想通貨 と同義です。

通信の秘匿性を高めるための技術として 公開鍵暗号 ハッシュ 、あるいは両方を組み込んだ 電子 署名 といった技術を使っているのが特徴です。国内では仮想通貨と呼ぶことが一般的ですが、海外で仮想通貨を指すときは暗号通貨の英訳である “Cryptocurrency”と表現することが多いようです。

なお、Suicaなどの 電子マネー は「前払式支払手段」といい、暗号通貨に含みません。利用者と商店の他に、利用者の現金を事前にデポジットして証票に変えている発行者が存在している点が暗号通貨と異なるためです。