Explanation of terms

用語解説

ビットコインの基礎用語

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、 ブロックチェーン 上で契約を自動的に実行する仕組みのことです。 イーサリアム など多くの 暗号資産(仮想通貨) でスマートコントラクトが実装されています。

この仕組みは、自動販売機のように利用者が硬貨を投入し、飲み物のボタンを選択した瞬間に売買契約が成立するイメージに似ています。

スマートコントラクトの契約は、プログラミング言語で組まれており、 イーサリアム でもプログラムに従って履行されます。

その履行履歴は、 P2P のネットワーク上で ブロックチェーン に記述されるため、契約の透明性が確保されているのが特徴です。

加えて、 暗号資産(仮想通貨) の持つ非中央集権性も引き継いでおり、サービスの管理者が存在しない場合でも、消費者同士の資金の移動を自動処理するプログラムとして機能します。

スマートコントラクトのメリットは、当事者間で交わされる契約書の締結など多くの作業が不要になるため、事務コストを削減できることです。

一方、契約内容を容易に変更できない点がデメリットとして挙げられます。自動化された契約にエラーやバグがあっても、そのバグを簡単に修正することは難しく、攻撃者がバグに気づけば攻撃の起点になる可能性があります。